バラ

2015.10.01 Thursday

0
    P6044964.jpg
     
    ものすごく久しぶりに食中毒になった。
    単に傷んだものを食べただけなので数時間で復活したけれど。傷んでるような気はしてた、でもなぜか大丈夫な気もしてしまったんだ。
    まだ胃が少し変なので今日は葛湯でも飲んでいよう。葛湯大好き。

    葛湯といえば、ナイチンゲールは病人に葛湯を飲ませていたらしいのだが、当時イギリスに葛はなかったと思う。もし既に入っていたとしても葛粉が取れるようになるまで30年〜50年かかる。そして戦時中に葛粉をつくるなどというひたすら面倒なことをしたとは到底思えないので、イモ類やコーンから取ったデンプンではないかと思う。だったらイモやコーンのスープでも食べさせた方が栄養があるのになぜ。

    植物オタクかつ葛湯好きとしてどうしても気になって原文を調べたところ、葛ではなくアロールートという葛とは関係のない植物のデンプンだった。1年で収穫できるらしい。葛同様根からデンプンを取るので日本ではクズウコンと呼ばれるが、海外では根からデンプンが取れる他の植物もアロールートと呼んでいるようだ。
    日本でも葛が使われてなくても葛湯として売っていたりするからまあ「ナイチンゲールは葛湯を飲ませた」と言っても私以外の人は気にしないかな。