コーンインセンスはやめておけ

2014.05.18 Sunday

0
    雑貨屋などの品揃えを見ると、スティックインセンスよりコーンインセンスの方がお香のライトユーザーには恐らく人気がある。
    手軽に見えることと、線香のような仏事っぽさがないからだろうか。

    だがコーンインセンスはお香好きのためのお香ではない。

    火をつけてすぐの時はいい、しかし最終的に直径1センチ前後のお香が燃えている状態になり、かなりの煙が出る。しかもそれは円錐の一番下部分なのでくすぶる。
    気密性が高く狭い日本の部屋向きではない。

    最初にコーンインセンスを使ってしまったばかりにお香の印象が悪くなるのは残念なことだ。

    EFAC

    2013.09.19 Thursday

    0
      eface v イーフェイスV 通販 エステル型脂肪酸複合体 EFAC 猫 難治性口内炎 サプリメント
      イーフェイスV (eFace-V) = 1-TDC … EFAC 350mg
      EFAC = Esterified Fatty Acid Complex (エステル型脂肪酸複合体) = Celadrin(セラドリン)

      Celadrin is a proprietary blend of special cetylated, esterified fatty acids.

      イーフェイスV = 1-TDC は1カプセル当りEFAC 350mg
      セラドリン は1カプセル当りEFAC 260〜390mg(商品によって異なる)

      http://jp.iherb.com?rcode=ZGP860
      http://jp.iherb.com/tr/cb?pcodes=DRB-00137_DRB-00132_NOW-03016_NFS-02681_NOW-03017_BLB-01129_BLB-01126_SOL-00574_ZOI-00790&rcode=ZGP860

      キャンドルはどこへ行くのか

      2013.07.19 Friday

      0
        キャンドルを燃やすとロウはどこへ行くのか、と小さい子供に尋ねられた。
        私も小さい頃全く同じ疑問を抱いていたので気持ちはよくわかる。溶けたロウが空気中で冷えて再び固まり、そのうち天井が鍾乳洞のようになるんじゃないか、吸い込んだら肺の中で固まるんじゃないかとか思っていた。

        固形だからなんだか混乱するのだけど、ロウは燃料なので燃焼して二酸化炭素と水になるだけ。
        だけどそれを小さい子に理解させるのは難しい。
        化学の仕事をしている父が昔、幼い私に説明してくれたが、どういう説明だったのかまるで忘れた。鍾乳洞はできないから心配ないということしか覚えていない。

        セミを制す

        2013.07.18 Thursday

        0
          寝室の側(余所の家)に桜の木があって、毎年セミが鈴なり。すぐ近くで全力で鳴く。
          冷房が苦手で窓を開けているので、全くうるさすぎる。(閉めても眠れないほどうるさいことに変わりはない。)
          4時頃、明るくなるとすぐにフルボリュームで鳴き始める。特にクマゼミにはあまり慣れていないせいもあって、本当に耐えがたい。毎日夜明けと共に起こされるので夏は常に寝不足だ。
          木のすぐ脇に街灯があるからだろうか、気温が高いからだろうか、夜中もミ゛ミ゛ミ゛ミ゛ミ゛ミ゛ミ゛ミ゛…とずっと言ってる。

          耳栓ももちろん試したが、クマゼミの騒音には効果がない。そもそもクマゼミ以外は鳴いていても眠りを妨げる音質じゃないし、クマゼミをなんとかできないと意味がない。

          虫には友好的な私でさえ、殺虫剤を撒きたくなったり、血眼でエアガンやスリングショットをネットで検索したりする。早朝、箒で木のセミを追い払おうとしているところを新聞配達の人に見られたこともある。気まずい。
          銃の所持が許されている国だったら、私は乱射事件を起こしてしまうかもしれない。


          エアガン。電動のマシンガンが欲しいが、マシンガン持ってウロウロしてたら頭がおかしい人だと思われる。

          セミ死ねと言ってると、一週間の命なんだからゆるしてあげてとか言うバカが必ず現れる。セミは地中で何年も暮らしてるだろうがよ。1匹が鳴くのは一週間でも次々羽化するから延々鳴いてんだよ。お前の寝室に毎日セミ放り込んでやろうか。

          さて、今年はウォーターガンにシトロネラを入れて撃ってみた。
          効いてる。
          ここだけ静まりかえっている。
          ニームも使おうかと思ったが、羽化できなくなると気の毒。とりあえず余所に行ってくれればそれでいい。
          偶然羽化したてのセミに当たってボトッと落ちてきたりしたが、死にはしないのでok。
          草むらの虫たちにも試してみたらまる2日ぐらい静かにしていた。
          カメムシにも試してみたいけれど、今年はあまり発生していない。

          シトロネラの香りは甘ったるくて少し苦手だったけど、毎日使っていたら慣れた。うるさくて眠れないよりはずっといい。


          シトロネラの香り:
          http://kaorimaniya.com/?mode=srh&sort=n&cid=&keyword=%A5%B7%A5%C8%A5%ED%A5%CD%A5%E9
          シンセティックオイルではまだ試していません。

          ドクダミ&スベリヒユ化粧水

          2013.07.17 Wednesday

          0

            あと数ヶ月置かないと出来上がらないが、虫さされに試してみたら凄く効く。ドクダミだけでも凄く効くのだけれど、さらに凄い。ちょっとしみるけど、一瞬でかゆみが消える感じ。さすがスベリヒユだ。

            スベリヒユだけで試しに作った。従姉がアトピー性皮膚炎なのでこれが効いてくれるといいな。
            こんな良いものが勝手に生えてるなんて、ありがたいね。
            ハナスベリヒユ(ポーチュラカ)も効能は大して変わらないそうだ。でも花を切らなければならないからわざわざ植える意味がないよね。

            ドクダミ

            2013.07.04 Thursday

            0

              そろそろ収穫しなければ。雨でタイミングを逃している。
              ドクダミ化粧水はまだたくさんあるから今年は作らなくて良いかなとか思っていたが、見てみたら1.2リットルぐらいしかなかった。従姉にあげる用も作っておきたいし。

              今年はスベリヒユも投入してかゆみ止め用に特化したものを作ろうかな。スベリヒユは肌にも良いらしい。美白、ハリ、ターンオーバーの効果があるそうだ。消炎作用があるのでニキビや湿疹にも良いらしい。蕁麻疹のとき良いね。
              食用としての効果も凄いが、どうやって食べるの?おいしいの?

              調べてみた。

              乾燥させて煎じるらしい。地域によっては料理に使ったりもするようだ。
              多肉だから乾燥に時間がかかりそうだな。まあやってみよう。

              再び調べた。

              さっと湯通ししてから乾燥させると良いらしい。
              食べ方もいくつか見つけたが、食べるほどないので今回は化粧水だけにしよう。
              いや、道とか空き地にあるにはあるのだけれど、自分の管理下にないものは農薬や動物の糞尿が心配。化粧水が良さそうだったら次回用にちゃんと育てよう。

              クロックス修理

              2013.04.25 Thursday

              0
                スリッパ代わりにクロックスをはいている。
                スリッパは洗えないものが多いのであまり好きじゃない。すぐだめになるし。
                庭&近所用はカリギア。一足は底が限界に近いけど、スケッチャーズ大好きなので来シーズンも履く。

                ボアつきの冬用を全部洗う。
                サイドのリベットがいくつか取れている。
                ストラップのないタイプなのでそれほど困らないけれど、時々ボアがめくれたりするのでちょっと嫌だ。
                修理パーツは売っていないようだ。
                でもリベットはリベットなんだからジーンズのフロントリベットでいいじゃん、とつけてみる。

                完璧。

                桑の力

                2013.02.17 Sunday

                0
                  去年、突然母の血圧が上がり150を越えたと言うので、いろいろ調べて桑茶を飲ませた。
                  2ヶ月位で130台になり、半年ぐらいで115に戻った。
                  こんなに効果が出るものなんだね。

                  誰かの役に立つかもしれないので書いてみた。
                  自分でも試しに飲んでみたが、普通に美味しい。色も綺麗。

                  桑茶を飲んでいると言うと、友達が家に植えてある桑を剪定する度にくれるので、もう買わなくても常に大量にあるのだ。感謝。

                  PM2.5

                  2013.02.03 Sunday

                  0
                    2.5μm以下の微粒子のこと。
                    「以下」なので、2.5μmのものだけが飛んでくるわけではない。
                    0.1μm以下のものはPM0.1。
                    0.1μm以下の物質をブロックするのは非現実的なので、0.1μm-2.5μmの物質に合わせて対策する。

                    サイズがわかっているのだから、あとはマスクや空気清浄機がどのサイズの物質に対応しているのかを調べて選べば良いだけ。

                    例えば、花粉は約30μm。
                    インフルエンザウイルスは約0.1μm。
                    但しインフルエンザウイルス対応マスクの多くは飛沫感染(3μm-5μm)を想定している。インフルエンザ対応だからと言って必ずしも0.1μmのものをブロックできるわけではない。


                    すんごく小さいものが飛んできてるんでしょ?!マスクでも空気清浄機でもダメなんでしょ?!と思考停止する人が思いの外多い。
                    なぜかPM2.5<0.3μmと思い込む人もいる。
                    測定している施設がないだけなのに、ウチの県の空気は汚染されてない!と喜ぶ奴とか、飛来予測動画の1コマを見て中国と同じ色だもうダメだ!と騒ぐ奴とか。肺より脳が心配だ。
                    バカは相手にしないで自分で判断しましょう。

                    7デイキャンドルを作る

                    2013.01.29 Tuesday

                    0
                      7デイキャンドルのボトル。
                      ボトルを再利用して新たにキャンドルを作る。

                      何度か再利していると、煤やロウが内側にこびりついて取りづらくなる。
                      ボトルが汚れたままでも当然キャンドルは作れるが、魔術的には非常に良くない。

                      7デイキャンドル用の空ボトルも手に入るが、コスト的にばかばかしいことになるので仕入れる予定はない。

                      グラス洗い用の長柄スポンジ。
                      スポンジ部分をステンレスたわしかスチールウールに取り替える。

                      お湯でロウをやわらかくしてからこれで洗うと良い。


                      ボトルキャンドルを作る時は、コアの入ったウイックでなければならない。
                      容器入りでないキャンドルや容器に入れて使うことを想定していないキャンドルなら凧紐でも何でも良いが、ボトルキャンドルは溶けたロウの中でウイックが立っていなければならないため、コアが入ったウイックが必要。
                      自作する場合は普通のウイックの中に極細のワイヤーを通すとか巻きつけるとかすると良いかもしれない。

                      最後までウイックが立っている状態を保つため、座金が必要。
                      再利用できるものが便利。(ティーライトキャンドルに使われているタイプの座金は使い捨て。)工夫すれば金属製のクリップなどで自作もできるだろう。

                      ボトルキャンドルの場合、ステアリン酸は特に必要ない。

                      色付けは魔術的に重要。
                      ロウにクレヨンを加えて色をつけるなどと書かれていることもあるが、絶対にお勧めしない。燃えなくなる。
                      見た目綺麗なキャンドルを作りたいなら専用の着色料を使うと良いが、着色料は妙に高いので、色のついたキャンドルを一緒に溶かし色をつけるのが一番良いだろう。


                      その他は通常のキャンドルの作り方と同じ。